FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫惨パッチと呼ばれる理由

2011年05月14日 21:09

 淫惨パッチとは、人間の三大欲求の一つの「性欲」を「ワイヤード」で充足することを目的に、軽力社が開発したパッチの俗称である。人間の男を愛し、肉体関係を持ってしまった戦乙女の心にちなんで、"戦乙女の黄昏パッチ"という名前が付けられているが、世間一般には淫惨パッチという俗称が有名である。

 淫惨とは造語であり、元となった言葉は陰惨である。国語辞典によれば
―"陰惨 [名・形動]暗くむごたらしい感じ。また、そのさま。"
であり、そこから類推するに淫惨とは、性的に陵辱され無惨なありさまを示すものであろう。そして、そのような不名誉な俗称で呼ばれるようになったのには、相応の理由があった。

 「ワイヤード」発足当初から、仮想世界の中での性交、いわゆるヴァーチャルセックス(以下、VSと略する)は行われてきた。初期の頃のVSは素朴な、いわゆるチャットセックスであり、お互いに淫らなテキストを送りあい、想像の中での性交を秘密裏に楽しむものだった。

 しかし、軽力社が開発した「感覚再現機」は仮想世界での感覚を現実にフィードバックさせる最先端の技術で、実際に相手が目の前にいるかのような錯覚を私たちにもたらすほどの精度を誇る。体温や息づかい、筋肉の収縮に至るまでほぼ完全に再現でき、様々な匂いまでリアルに再現され、本当の意味での性交・セックスが「ワイヤード」で可能になったと言っても過言ではない。

 だが淫惨パッチ以前のRoは正式にVSがサポートされていなかったため、性器の実装もされておらず、女性キャラクタの乳房を愛撫するのが限界であった。そこで淫惨パッチによって公式にVSに対応し、性器が全てのキャラクタに備わり、さらに性交に関するスキルが実装された。性交スキルは非常に数が多く、その詳細については別の機会に譲る。

 さらに大きな変更点として「ワイヤード」の性別と「リアル」の性別が強制的に一致させられたというものがある。これはゲーム上にプレイヤーの情報を重畳させるためであり、リアル化路線のもう一つの目玉でもあるが、これも割愛させていただく。

 問題なのは性交スキルが合意の上だけで使われるものではないということである。つまり和姦だけでなく、強姦もルール上可能となっていて、それが淫惨と呼ばれるようになってしまった最大の原因である。モンスターたちにも性交スキルは備わっており、女性キャラクタはモンスターとの戦闘に敗れれば、ほぼ間違いなく強姦される運命となっていて、淫惨と呼称するにふさわしい実状である。図.1に具体例を示す。


当ブログのイメージ

図.1:公式イベント「首都プロンテラ陥落」で広場防衛を行っていた精鋭女性クルセイダー部隊『ディバイン リリウム』の面々が敗北し、集団で種付け強姦されているのを写したもの。彼女たちは高位の避妊魔法を身につけていたため、女性キャラクタでありながら危険な殿を志願し、大勢の他プレイヤー達を救った。しかし次第に物量に押されはじめ、一人また一人と倒された端からそのまま犯されていった。ハイオーク達の超濃厚な精液と、底無しの性欲によって最終的にはメンバー全員が孕まされた。淫惨パッチの不具合により、VS中の「感覚再現機」の機能のオン・オフを切り替えることができず、仮想世界にだけ存在するハイオークという獣の性欲に48時間に渡って犯され続けた結果、現在『ディバイン リリウム』のメンバーの内の約75%が精神疾患を患っており、現在も治療中である。

 ゲームを起動しているが、別の用事でPCの前から離れていることをAway From Keyboard(以下AFKと略す)という。こうしたAFKをしている女性プレイヤー達の多くが、モンスターや悪質なプレイヤーによって自身のキャラクタを犯されている。本来ならば相手に性交を迫られた場合、抵抗したり逃げたりといった行動をプレイヤーはおこせるのだが、PCから離れているために何もできず、強姦者が合意のない性交スキルが成立するまで粘り強く何度もスキルを使用すれば、強姦できてしまうのである。

 こうした「ワイヤード」内での強姦件数は年々増加傾向にあり、法整備が待ち望まれている。遠距離恋愛のカップルが、距離的制約を超えてお互いの愛を育むことができるというポジティブな性愛は、裏返せば誰でもある程度好きなように強姦ができ、法的な罪に問われないお手軽な暴行手段でもあるということだ。

 首都プロンテラではパーティーを組もうと誘いを掛け、そのまま路地裏で輪姦して捨てていく”輪行”という行為が横行している。このままではいつまでたっても淫惨という不名誉を拭うことはできないだろう。


東雲桜花 著 "行き過ぎた「ワイヤード」と性の関係"より抜粋


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xen4179.blog73.fc2.com/tb.php/68-55ee5b24
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。